トップ / 障がい者採用:障がい者採用について

障がい者採用について障がい者採用について

概要

富士通コミュニケーションサービス(以下、CSL)は、当社のビジョンと価値である『CSL Statement』の中にある「豊かな個性を高めあう(ダイバーシティ推進)」を基本的な考えとして、障がい者雇用についても障がいを一つの「個性」ととらえ、障がいのある人も障がいのない人たちと同じように働き、活躍できる企業となることを目指します。

 

メッセージ

Shingo.F

片岡 敏彦【私の仕事】
仙台サポートセンター(SDSC)のセンター管理部で、採用に関わる業務を担当しています。事務的な業務はもちろんのこと、採用選考会では応募者のアテンドも行っています。

私は、車椅子バスケットチームの「宮城MAX」に所属しており、パラリンピックや世界選手権へ向けて、日々頑張っています。

パラリンピックでは、2004年 アテネ、2008年 北京、2012年 ロンドン と3連続出場しています。北京とロンドンでは、日本代表の主将を努めました。現在は、2016年のリオデジャネイロパラリンピックを目指しています。

前職では、バスケットと仕事の両立が難しく、悩んでいたところに、富士通コミュニケーションサービスと出会いました。駅からも近く、社内はバリアフリーなので、通勤や勤務に支障はありません。
また、練習や海外遠征などで、お休みをいただくことも多いのですが、会社や職場の仲間、そして家族が応援してくれるので、仕事とバスケをうまく両立させることができています。

【皆さんへのメッセージ】
自分のやりたいこと(車椅子バスケ)、家庭、そして仕事、3つのバランスを取りながら、日々精進しております。
少しでも今の自分より成長できるよう、一緒にチャレンジしながら頑張りましょう!

 

ページトップへ