トップ / 人を知る / Fumina.K

写真写真

大きな壁があっても、チームメイトが味方になって支えてくれる
大手広告代理店のサービスデスク
Fumina.K

入社年月
2019年4月(新卒入社)
出身学校
白鴎大学
趣味
料理、読書
好きな言葉
置かれた場所で咲きなさい
Work Style -ある一日の流れ-Work Style -ある一日の流れ-
09:00
全体朝礼

バックサポート朝礼(15分程度)
09:15
バックサポート、インフラ作業、ナレッジ作業、チーム全体総括など
11:55
昼休み(70分)
13:05
バックサポート、インフラ作業、ナレッジ作業、チーム全体総括など
17:30
ログチェック
18:00
業務終了
Private Time -休日の過ごし方-Private Time -休日の過ごし方-

休日は家の掃除を行い、少し凝った料理やお菓子作りをすることが多いです。作ったお菓子は会社へもっていくこともあるのでラッピングなども行っているとあっという間に1日が過ぎてしまいます。何もすることがないときはサイクリングやドライブ、ジムへ行くこともあります。出先でおいしいものを食べることが好きです。

休日の過ごし方

インタビュー

CSLでは、未経験や新卒入社の社員が配属先で安心して活躍できるよう、研修やサポート体制を整えています。ここでは、新卒入社ながらITの専門知識を必要とする現場で成長した社員をご紹介します。

「安心できる面接」が入社の決め手

「安心できる面接」が入社の決め手――CSLを知ったきっかけは何だったのでしょうか?
就職活動中に新卒の求人サイトでCSLの募集を見つけたのがきっかけです。就職活動中は業種を絞り込まず、高校生の頃から演劇をやっていたので声を生かせる仕事や人と接する仕事がしたいと思い、企業探しをしていました。最終的には地元のメーカーとCSLの2社から内定をいただきました。

――CSLを選んだ決め手は何でしたか?
理由は二つあります。一つは生まれてから大学卒業まで地元で生活していたので、実家から離れたところで就職してみたかったということ。内定をいただいた地元のメーカーもイメージは良かったのですが、今後の人生を考えた時に、「若いうちから知見を広げておきたい」「都心に出て働くきっかけは、今の就職活動の時だけになってしまうかもしれない。だから今都心で働くことを選択したい」と思いました。

もう一つは、CSLの面接時の印象がとても良かったこと。就職活動中に何社か面接を受けたのですが、他社さんは否定的な質問が多いことに比べ、CSLは否定的な質問がありませんでした。むしろ私自身にフォーカスするような質問が多く、自分に興味を持っていただけている、と思えて安心できました。

――面接ではどのような話をされたのですか?
主に大学時代の経験についてです。演劇の他に「よさこいのサークル活動」や「女性の貧困問題についての卒業論文」、「地元での奉仕活動について」という内容でした。中でも卒業論文で女性の貧困問題をテーマにしていましたので、CSLで女性が多く活躍されていることや男女問わず育児休暇を取得しているという話が印象に残りました。

ページトップへ

メンタル面でも支えてくれる先輩たち

――現在の業務内容について教えてください。
大手広告代理店のサービスデスクで、クライアント先の社員の皆さんが使用している各種システムのお問合せに対応する窓口業務です。

私が担当しているクライアントは、受発注システムや勤怠入力システムなど、独自のシステムを使用されています。加えて、何千人もの社員がいるため、システムの使い方や不具合についての質問が日々発生します。その質問を電話やメールで答えていくことが主な業務です。また、クライアントから届いた情報のチーム内共有、部内で使用しているパソコンなどの機器整備、新しい機器への入替作業、不具合が起きた時の保守担当者との対応なども行っています。

――覚えることが多そうですね。
配属当初は覚えることが多く、また難しいこともあり落ち込むことがありました。研修でしっかり教えていただいたのですが、ITの知識がない私はより覚えることが多く、理解が進まないこともあり苦戦しました。それに、仕事とプライベートの切り替えが苦手で、落ち込むことが多かったです。

――そこは、どうやって乗り越えたのですか?
周りの先輩方のフォローで乗り越えました。落ち込んでいる私を見て、トレーナーの先輩がメンターとなる先輩を私の隣に配置してくださいました。メンターの先輩は「分からないことはない?」「大丈夫?」と声をかけてくださり、お陰で諦めずに業務を覚えることができました。先輩からは「失敗をフォローするのが私たちの仕事だから、改善してくれれば良いよ」と言われて、安心しました。

ページトップへ

周りは味方になってくれるかっこいい先輩ばかり

――若手社員に求められていることはなんだと思いますか?
将来会社を担う人材になって欲しい、ということだと思います。私の部署では、新しいことにチャレンジさせてくれる風潮があり、通常は配属4年目、5年目の方が担当するバックオフィスの業務を任せていただきました。上司からは「周りの人に頼っても良い、成長につながるから挑戦してほしい」と言われました。お陰で管理の仕事がいかに大変か学ぶことができ、視野も広がりました。周りは相談したら味方になってくれるかっこいい先輩ばかり。安心できる環境で確実に成長できています。

――どんな人だとCSLに合うと思いますか?
まずは、「人の役に立ちたい」という想いを持っていることですね。その上で、優しい心を持っている人、個性があってポジティブな方もCSLに合っていると思います。また最初からITの知識はなくても良いと思います。私を含め同期の中にはITの知識がない人もいましたが、研修と実務で一人前に成長することが出来ました。

――最後に、就活生にメッセージをお願いします。
CSLは仕事も、プライベートも大切にしてくれる会社です。社内には男性で育児休暇を取得されている方や趣味でバンド活動をやっている方、声優をしている方もいます。私の部署では残業も少ないので、自分の時間を大切にできますよ。また、物腰の柔らかい方が多いので、分からないことがあっても優しく教えてくれる柔らかい会社です。安心して応募してください。

ページトップへ

人生グラフ人生グラフ
前に戻る 次へ進む
ページトップへ